top-slide02.jpg

こんな会社です

当社は昭和60年創業、建設業からスタートいたしました。
平成26年6月より、警備部門を子会社化しASP株式会社として始めました。
以来、中若男女の隊員が集まり、現在では当グループ隊員数約150名以上となりました。
ASP(エー・エス・ピー)

  • A:安心
  • S:信頼・セキュリティに強い警備
  • P:パトロール・自主防犯

 これが当社の社名であり企業理念です。
常に安全を第一に、細心の注意を払い業務を遂行しています。
より一層の安心と信頼を皆様にご提供するため、社員一丸となって資質向上に努めております。

“ありがとう”をいつも心に

当社は全体としてアットホームな雰囲気で、元気と温かい気持ちをもった隊員が
多く、チームワークも抜群です。

そんな当社が今、最も力を入れていることは、隊員の資質の向上です。
警備業法で定められた最低限の教育はもちろんのこと、熟練した講師陣による徹底した指導、訓練を行い、節度ある基本動作、お客様だけでなく地域の皆様に対する礼節を大切に、業務に臨んでおります。

その中で、何よりも大切にしていることは、「有難うございます」の感謝の心です。
工事による渋滞は誰だって不快な気持ちになりがちです。

しかし、当社はこう考えます。
≪ドライバーに不快感を与えるも与えないも、交通誘導のやり方次第。≫ですから当社では、ドライバーの方に少しでも気持ちよく通過していただくために、心をこめて誘導します。
≪停まっていただいて≫「有難うございます」、≪お待たせしました≫「有難うございます」。
ドライバーさんに対し、感謝と真心をこめて旗を振ります。

資質・技術の向上を目指して

近年、社会全体が警備業に寄せる期待はますます高まっております。
それに伴い、当社でも、お客様により一層ご満足いただけるよう、有資格者の増強に力を入れております。

本試験の前には1週間の社内研修を実施し、会社全体でバックアップをおこなっています。
このようにすることによって、受験者の士気も高まり、また、他の隊員にも良い刺激となります。
そして、結果として、確実な知識と技能を兼ね備えた隊員を育成することができるのです。

KYK推進委員会による活動

当社では、平成20年6月に、KYK(危険予知活動)推進委員会を設けました。
これは隊員一人ひとりの安全に対する認識を高め、より安全で確実な業務をおこなうことを目的として組織されました。

具体的には、隊員が各々の現場で直面した問題、ヒヤリハット、多少なりとも疑問や懸念を感じた点について書面にて報告させ、それを集計し、まとめ上げたものを全隊員に告知するというものです。

実際、KYの内容は、それぞれの業務内容、お客様の営業内容により異なります。
その結果をもって、隊員が各配置につく時に朝一ミーティングを実施し、どのような危険が想定されるのかを確認し合います。
こうした地道な努力を重ねていくことによって、最高の安全と信頼をお客様にお約束できるものと信じております。

当社の企業目標


宮城県内最大級の警備会社を目指します。
 平成27年度はASP安全改革の年。
   企業ボランティアを行います。


ASP株式会社業務方針

  • 1、ASPは 最高の安全安心を提供する
  • 2、ASPは 安心して暮らせる地域に貢献する
  • 3、ASPは 警備員の社会的地位の向上を図る
  • 4、ASPは 常に良い仕事を提供する
  • 5、ASPは 考え、集中し、より早く行動する
  • 6、ASPは すべてに対し礼節を重んずる
  • 7、ASPは ありがとうの感謝を忘れない
  • 8、ASPは 一秒たりとも気を抜かない